朝起きてみるとそこには
押し合いへし合い人の群れ
流れのままに流される
臆病者の街がある
 人はいつでも俺たちに
 「強く生きろ」と軽く言う
 酒で紛らす恨み言も
 一人の涙もわからずに
今日もハイライト
二箱吸っちまった
煙草の煙を見つめて
過ごす毎日が続く
 東京というこの街に
 足を踏み入れてから
 何をするでもなく
 俺の毎日が過ぎていく

 Lo川の流れに身を任す
   あの笹舟のように
   俺の人生は流れていく


    

笹舟

やめろやめろ悪あがきは
時の流れに身を任せ
鎖に繋がれたままで
人ごみ避けて生きてゆく

    世渡り上手い奴だけが
    生き残れるこの街で
    正直者は
    一人で酒をあおるだけ


     川の流れに身を任す
     あの笹舟のように
     俺の人生は流れていく