君に逢いたい  

君に逢いたい 君に触れたい
君を抱きしめたい
強く強くその身体を力いっぱい

君に逢いたい 君に触れたい
君を抱きしめたい
熱く熱くその身体をこの腕で

合わせた唇が 微かに震えていたのは
あれはきっと本当だよね 夢じゃないよね
まわしたこの腕に 君の長い髪が絡み
二人溶け合い目を閉じたまま 天に昇る