たとえこんなに近くに居ても
君の心に触れることも出来ないまま
今はただ傍にいて君の笑顔を見ているだけ
何もいらない 何も求めてはいけない
君の投げ掛ける視線の先には
君の暮らしがあるから
だからただ君の笑顔を見つめるだけ